無良SP84・21点で首位発進 小塚出遅れ4位

[ 2014年1月23日 05:30 ]

男子SP 演技する無良崇人

フィギュアスケート 四大陸選手権

(1月22日 台北)
 22日に開幕し、男子ショートプログラム(SP)は無良崇人(岡山国際リンク)が84・21点でトップに立った。

 小塚崇彦(トヨタ自動車)は76・85点で4位と出遅れた。リチャード・ドーンブッシュ(米国)が82・13点で2位。田中刑事(倉敷芸術科学大)が62・61点で14位。23日に女子SPが行われ、ソチ五輪代表の村上佳菜子(中京大)、宮原知子(大阪・関大高)今井遥(ムサシノク)が出場する。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2014年1月23日のニュース