平井組は得点伸ばせず12位に終わる

[ 2014年1月23日 20:28 ]

四大陸選手権第2日

(1月23日 台北)
 アイスダンスでショートダンス(SD)11位の平井絵己、マリオン・デラアスンシオン組(大阪ク)はフリーで14位にとどまり、合計99・82点で12位だった。

 アイスダンスの平井、デラアスンシオン組はステップでのレベルの取りこぼしやリフトの時間超過などによる3点の減点が響き、フリーで得点を伸ばせなかった。昨年から順位を一つ落とし、平井は「ちょっとぎこちなかったし、勢いもなかった」と振り返った。

 コンビを組んで3シーズン目。フランスのリヨンに練習拠点を置くため、平井は海外生活の難しさもある。「日本人の選手に会えず寂しさもあるが、基礎から見直して2人で突き進みたい」と落ち込む様子はなかった。(共同)

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2014年1月23日のニュース