2月の東京マラソン 中本、藤原らエントリー

[ 2014年1月23日 17:51 ]

 世界最高峰シリーズ「ワールド・マラソン・メジャーズ」の東京マラソン(2月23日)の出場選手が23日に発表され、アジア大会(仁川=韓国)の代表選考を兼ねる男子はロンドン五輪6位の中本健太郎(安川電機)や藤原新(ミキハウス)が招待された。

 22歳の宮脇千博(トヨタ自動車)は初マラソンに挑み、ロンドン五輪の長距離2種目に出場した佐藤悠基(日清食品グループ)や23歳のホープ出岐雄大(中国電力)も名を連ねた。海外勢ではロンドン五輪銀メダルのアベル・キルイ(ケニア)ら2時間6分を切る自己記録を持つ6選手がエントリーした。

 女子は34歳の渋井陽子(三井住友海上)や昨年の横浜国際女子2位の野尻あずさ(ヒラツカ・リース)が出場する。

 賞金は10位まであり、優勝は800万円で、世界記録には3千万円のボーナスが出る。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2014年1月23日のニュース