格下をストレート一蹴!錦織、左脇腹の不安なし

[ 2013年3月11日 12:27 ]

BNPパリバ・オープン

(3月10日 米カリフォルニア州インディアンウェルズ)
 左脇腹を痛めている錦織だが、その不安がプレーに出ることはなかった。安定したサーブとストロークで格下のペッシュナーをストレートで下し、笑みがこぼれた。

 第1セットの第1ゲームをブレークし、主導権を握った。9日までの会場練習では力を込めて打てなかった第1サーブも69%を入れ、精度はまずまず。「トップ10入りするためには大事な大会」と位置づける舞台で、まずは順当に初戦を切り抜けた。(共同)

続きを表示

「NBA」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2013年3月11日のニュース