小塚、反省4位も世界選手権へしっかり手応え

[ 2011年2月20日 06:00 ]

4位に終わった小塚

四大陸選手権第3日 男子フリー

(2月19日 台湾・台北)
 SP6位と出遅れた全日本王者の小塚は4位に終わった。

 冒頭の4回転トーループで転倒、後半の3回転サルコーも2回転になり「ジャンプのミスが目立った試合になった」と反省。それでも、表現力を示す演技点が上がり、体を大きく使う練習を積んだ成果も見せた。今大会は振り付けの手直しなどで十分な調整期間が取れなかっただけに「あとは練習で体力をつければ(世界選手権は)問題ない」と表情は明るかった。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2011年2月20日のニュース