羽生「120点」の4回転成功!2位と大健闘

[ 2011年2月20日 00:21 ]

 初出場の四大陸選手権で、羽生が2位と大健闘。「SPの3位さえ正直思いもしなかったので、今日も驚くしかない」と、2日連続で目を丸くした。冒頭の4回転トーループを美しい着氷で降りた。グランプリ(GP)デビュー戦で4位に入った昨年10月のNHK杯以来となる成功。高橋や小塚が失敗した大技を鮮やかに決め、「120点。来季への大きな自信」とうなずいた。後半はスタミナ不足で息切れ。演技を終えると思わずしゃがみ込んでしまうほど、力を振り絞って滑りきった。3月の世界選手権には出場できないが、来季に大きな期待を持たせた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2011年2月20日のニュース