青野、2季ぶりW杯7勝目!上位を日本勢独占

[ 2011年2月20日 06:00 ]

 スノーボードW杯は18日、カナダのストーンハムでハーフパイプ(HP)を行い、男子はユニバーシアード冬季大会金メダリストの青野令(松山大)が27・8点(30点満点)で勝ち、2季ぶりの7勝目を挙げた。

 強豪の米国勢が不在の中、15歳の平岡卓(フッド)が27・2点で2位、藤田一海(松山大)が3位、細川孝介(クルーズ)が4位に入り、上位を日本勢が独占した。女子は松本遥奈(クルーズ)が23・5点で3位。蔡雪桐(中国)が24・8点で優勝した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2011年2月20日のニュース