14歳高梨が快挙!女子最高峰の大会で最年少優勝

[ 2011年2月20日 11:45 ]

 ノルディックスキー女子ジャンプのコンチネンタル杯は19日、オーストリアのラムソー(HS98メートル、K点90メートル)で行われ、14歳の高梨沙羅(北海道・上川中)が88・5メートル、93メートルをマークし、合計234・0点で初優勝を果たした。

 国際スキー連盟によると女子最高峰のコンチネンタル杯ではフランスの選手の15歳を抜き、最年少優勝となった。

 渡瀬あゆみ(神戸クリニック)は4位、伊藤有希(北海道・下川商高)は6位、葛西賀子(日本空調)は12位だった。(共同)

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2011年2月20日のニュース