「百点のレース」2位・中里も世界切符アピール

[ 2011年2月20日 17:57 ]

横浜国際女子マラソン

(2月20日)
 2度目のマラソンで健闘が光った。自己記録を10分も短縮した22歳の中里麗美(ダイハツ)は「日本人で2番目には入りたいと思っていた。記録が良かったし、百点のレース」と満面の笑みでゴールした。

 152センチ、35キロの小さな体で先頭集団に入り、30キロすぎからは「レースを動かそう」と前に出る場面も。ただ最後は力の差を見せられ「尾崎さんのスパートは別格だった」と脱帽した。

 群馬・太田商高出の22歳。次の目標を問われ「(世界陸上の)代表に選んでいただくこと」と笑顔でアピールした。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2011年2月20日のニュース