「イカダ」と言われても…耐えた池田、暫定46位

[ 2011年2月20日 06:00 ]

第2ラウンド、12番でティーショットを放つ池田勇太

ノーザントラスト・オープン第2日

(2月18日 米カリフォルニア州・リビエラCC)
 池田勇太(25=日清食品)は通算1オーバーの暫定46位で予選通過圏内に踏みとどまった。

 集中力を切らさずプレーした。40位でインからスタート。10番ティーでの選手紹介では「ユータ・イカダ!!」と間違われ思わず苦笑いしたが、フェアウエーからの2打目を1・2メートルにつけてバーディー発進。カットラインを意識しながらのラウンドが続いたが、「厳しいコンディションの中でよく粘れた」と耐え抜いた。

 今季ツアー初戦で米ツアー4連戦の最初の試合。「引き締まる思いがあるし、最初の試合でつまずきたくない」という思いがよく表れたプレーぶりだった。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2011年2月20日のニュース