セネガル、日本を警戒 情報量少なく「最も対戦を恐れている」

[ 2017年12月3日 05:30 ]

W杯1次リーグ組み合わせ抽選会 ( 2017年12月1日    モスクワ )

セネガルのシセ監督
Photo By スポニチ

 初出場だった02年日韓大会以来、4大会ぶりにセネガルが大舞台へ帰って来た。当時の主将だったシセ監督は「難しい組だ。優位なのはコロンビアで、ポーランドが2番手だろう」と予想した。

 とはいえ、エースのFWマネら前線には強力なアタッカーをそろえる。8強入りして台風の目となった日韓大会の再現を期すが、アフリカ予選で2得点を挙げたFWサコは1次リーグ突破の鍵を握るライバル国を警戒。地元メディアに対し、「正直に言うと、最も対戦を恐れているチームは日本だ」と話し、「プレミアリーグでコロンビアやポーランドの選手とはプレーしてお互いに知っているが、日本は…」と情報の少なさを憂慮した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2017年12月3日のニュース