小林悠、最終節で逆転単独得点王はJ1初 V試合ハットは2人目

[ 2017年12月3日 05:30 ]

明治安田生命J1最終節   川崎F5―0大宮 ( 2017年12月2日    等々力 )

初優勝し男泣きしながらサポーター席に向かって叫ぶ小林
Photo By スポニチ

 川崎FのFW小林が大宮戦で自身初のハットトリックを達成。川崎Fでは8人目12回目。小林はこれで今季通算23得点とし得点王に輝いた。

 過去の得点王争いではシーズン最終戦で1点差を追いついたり、並んだ状況から単独となったケースはあるが、逆転しての単独得点王はJ1史上初めてだ。また、優勝決定試合でのハット達成は15年第2ステージのドウグラス(広島)以来、2人目のこと。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2017年12月3日のニュース