川崎F、10日にVパレード 分配金で食堂つくる?

[ 2017年12月3日 05:30 ]

初優勝しダルマに両目を入れる中村。左は笑顔で見守る鬼木監督
Photo By スポニチ

 川崎Fが10日に優勝パレードを行うことが分かった。JR川崎駅前の川崎市役所からオープンバス2台で午前11時にスタートして約1時間、サポーター、ホームタウンの市民に初タイトルを報告する。川崎FはJリーグのスタジアム観戦者調査において地域貢献度で7年連続(10〜16年)1位。スタジアムの収容率も約8割と人気が高い。裏方として地道に貢献してきたスタッフ、職員にとっても悲願達成だった。

 長年にわたりチームの強化に努めている庄子春男取締役強化本部長(60)も「最高の還暦祝い」と涙をこぼした。優勝賞金も含めJリーグからの分配金は約22億円。アカデミーへの投資はもちろん選手からの要望でクラブハウスに食堂をつくる計画もあるという。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2017年12月3日のニュース