寿人絶叫「風が吹いたぞ〜!」田口は涙で「良かったです」繰り返す

[ 2017年12月3日 18:38 ]

J1昇格プレーオフ決勝   名古屋0―0福岡 ( 2017年12月3日    豊田ス )

<J1昇格プレーオフ決勝 名古屋・福岡>1年でJ1復帰を決め、優勝楯を掲げ喜ぶ佐藤寿(中)ら名古屋イレブン
Photo By スポニチ

 3位の名古屋がJ1昇格プレーオフ(PO)決勝で4位の福岡と0―0で引き分け、年間順位上位の優位性をもって降格から1年でのJ1復帰を決めた。

 前半から何度も決定機をつくりながらゴールネットを揺らすことができず、最後は持ち前の攻撃的サッカーを封印してゴール前を守備的に固めてスコアレスドローに持ち込んだ。

 就任1年目で昇格を決めた風間監督は「本当に我々と一体になってものずごい後押しをずっとしてくれた。この日をサポーター全員が待ちわびた。サポーター、選手、スタッフすべて皆で勝ち取った。皆のおかげ。ありがとう。ありがとうございます!」とスタンドを真っ赤に染めたサポーターに感謝した。

 広島から移籍1年目で主将を務めた佐藤はサポーターに向かって「風が吹いたぞ〜!」と絶叫。「本来のサッカーとはほど遠かったが、J1に戻りたいっていう皆さんの思いが最後まで選手を走らせてくれたと思います。ありがとうございます!」と報告すると「名古屋に来ることができて良かったです」と言いながら目をうるませた。

 名古屋ひと筋9年目の田口は目が真っ赤。「良かったです。ホッとしました」と試合を振り返り「目標であるJ1昇格を達成することができてすごくうれしいです」としみじみ。「ホッとしてます。良かったです」と繰り返した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2017年12月3日のニュース