G大阪 クルピ氏の来季監督決定を発表 以前C大阪率いて手腕発揮

[ 2017年12月3日 16:52 ]

G大阪の次期監督に内定したレヴィー・クルピ氏
Photo By スポニチ

 サッカーのJ1のG大阪は3日、新監督にかつてC大阪を指揮したレヴィー・クルピ氏(64)が就任すると発表した。来年1月18日に来阪、20日に就任会見を行う予定。

 クルピ氏は成績不振でサントスの監督を解任されたが、日本ではG大阪のライバルであるC大阪を3度にわたり、計7年間指揮。その中で日本代表の中核を担うMF香川やMF乾、MF清武を育て、10年には3位に入り、翌年にはクラブ史上初のACL出場も果たした。

 G大阪は9月7日に長谷川監督の今季限りでの退任が決定。その後、梶居強化部長がブラジルへ飛び立ち、元鹿島監督のトニーニョ・セレーゾ氏らブラジル人路線で人選を進めていた。その中でクルピ氏が最上位に浮上し、交渉を開始していた。

 ◆レヴィー・クルピ 1953年2月28日、ブラジル・パラナ州クリチバ出身の64歳。1986年にブラジルのSERカシアス・ド・スルで指導者としてのキャリアをスタート。日本では97年のC大阪をはじめ、計3度、同クラブを指揮した。1メートル78。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2017年12月3日のニュース