【東京新馬戦】ダイワクンナナ快勝 北村宏「最後もいい反応」

[ 2019年11月10日 12:44 ]

 東京5Rの2歳新馬戦(芝1600メートル)は、好位から抜け出した2番人気ダイワクンナナ(牝=国枝、父ノヴェリスト)が、2着エルメームに3馬身半差をつける快勝。G14勝の名牝ダイワスカーレットの7番子が初陣を飾った。

 騎乗した北村宏は「上手にスタートを決めて流れに乗って運べた。最後もいい反応でよく伸びてくれた」と評価した。

続きを表示

「2020 フェブラリーS」特集記事

「小倉大賞典」特集記事

2019年11月10日のニュース