【京都新馬戦】サンライズホープ首差V!川須「これからが楽しみ」

[ 2019年11月10日 05:30 ]

<京都6R新馬戦>レースを制したサンライズホープ(左)(撮影・後藤 正志)
Photo By スポニチ

 京都6R新馬戦(ダート1800メートル)は果敢にハナを切った3番人気サンライズホープ(牡=羽月、父マジェスティックウォリアー)が迫るミヤジコクオウを首差しのいでデビュー勝ち。川須は「スタートを決めて淡々としたリズムで運べました。大型でまだ緩いけど、2着馬が来ても抜かせなかった。これからが楽しみになりました」と、笑顔で語った。 レース結果

続きを表示

「2020 フェブラリーS」特集記事

「小倉大賞典」特集記事

2019年11月10日のニュース