【デイリー杯2歳S】ベルジュール デビュー2連勝!次はG1「狙う能力はある」

[ 2019年11月10日 05:30 ]

デイリー杯2歳Sを制したレッドベルジュール(撮影・後藤 正志)
Photo By スポニチ

 土曜の京都メイン「第54回デイリー杯2歳S」は3番人気のレッドベルジュールが後方から末脚を伸ばして快勝。デビュー2連勝で重賞初制覇を果たした。 レース結果

 出負け気味のスタートで後方から。直線で内を鋭く伸びた。同レース最多6勝目となった武豊は「外に出せたら出そうと思っていましたが、スペースがなくて苦し紛れに内を突きました」と振り返るが、抜群の反応で力強く抜け出した。

 代打騎乗(当初はデットーリが騎乗予定)の名手が「一瞬で抜け出したあの脚は凄かった。まだ2戦目で、6月以来の競馬であの勝ち方ですからね。馬体もいいですよ」とパートナーを絶賛すれば、藤原英師は「豊でないと勝てなかった。100点満点の騎乗。豊が空いてて運が良かったよ」と好騎乗に最敬礼した。今後は「能力はあるので、年内のG1を狙っていきたい」と師。具体的なレース名は出さなかったが、G1獲りに挑む。

 ◆レッドベルジュール 父ディープインパクト 母レッドファンタジア(母の父アンブライドルズソング)牡2歳 栗東・藤原英厩舎所属 馬主・東京ホースレーシング 生産者・北海道安平町ノーザンファーム 戦績2戦2勝 総獲得賞金4540万6000円。

続きを表示

「2020 フェブラリーS」特集記事

「小倉大賞典」特集記事

2019年11月10日のニュース