【エリザベス女王杯】スミヨン騎乗ラッキーライラックが復活V 2年ぶり2度目のG1制覇

[ 2019年11月10日 15:44 ]

<京都11R・エリザベス女王杯>抜け出したクロコスミア(右)を内から差したラッキーライラックが戴冠(撮影・長嶋 久樹)
Photo By スポニチ

 秋の牝馬No.1決定戦「第44回エリザベス女王杯」(G1、芝2200メートル)は10日、京都競馬場で行われ、スミヨン騎乗のラッキーライラック(牝4=松永幹厩舎)が優勝、G1・2勝目を飾った。

 クロコスミア、ラヴズオンリーユーが好スタート。クロコスミアが最終コーナーまで先頭を譲らず、ラストの直線へ。粘るクロコスミアを2番手ラヴズオンリーユーをはじめ馬群が追う中、スミヨンが導き最内を突いたラッキーライラックが一気に伸びる。クロコスミアを差してゴールした。

 2着は7番人気のクロコスミア、3着は1番人気のラヴズオンリーユー、4着は5番人気のセンテリュオ、5着に2番人気クロノジェネシスが入った。

 勝ったラッキーライラックは父オルフェーヴル、母ライラックスアンドレースの血統。通算成績は12戦5勝。2017年の阪神JF以来のG1勝利となり、中央G1は通算2勝目。

 鞍上のスミヨンは14年ジャパンCをエピファネイアで勝って以来、中央G1通算3勝目。管理する松永幹師は、17年阪神JFをラッキーライラックで勝って以来の中央G1通算4勝目となった。

 エリザベス女王杯の勝利で、ラッキーライラックが秋の最強牝馬となった。

続きを表示

「2019 朝日杯FS」特集記事

「ターコイズS」特集記事

2019年11月10日のニュース