【鳥谷越・本社予想の稼ぎどころ】10日福島11R 叩き2戦目でマイネルファンロンがガラリ一変

[ 2019年11月10日 08:00 ]

 土曜に東京競馬場の記者室でテレビ観戦した京都11R・デイリー杯2歳Sは、予想が外れたのに感動を覚えるという不思議な一戦だった。後方待機から直線で最内を突いたレッドベルジュールが、素晴らしい瞬発力を繰り出して差し切り。「さすが」としか言いようがない、レジェンド武豊の名人芸だった。京都外回りは直線で内が開きやすいと言われるが、ここまで鮮やかに決まると“美しい”とまで感じる。本当に、いいものを見せてもらった。

 本日の当欄でピックアップするのは福島11R・福島記念。◎マイネルファンロンが絶好の狙い目とみた。前走の毎日王冠はしんがり10着と大敗を喫したが、当時は予定していたオーストラリア遠征が取りやめとなり急きょの出走。東京競馬場で検疫に入っていたこともあり、万全の調整過程での出走とは言い難かった。ただ、この一戦を叩いたことで順当な良化を見せており、好内容で2着した2走前の函館記念当時の出来に近づいた印象。その函館とコース形態が近い福島は間違いなく合っており、ハンデも函館記念から1キロ増の55キロなら許容範囲。大敗後とあって配当的な妙味はたっぷりで、巴賞12着→函館記念2着の再現を期待だ。

続きを表示

「2019香港国際競走」特集記事

「2019 阪神JF」特集記事

2019年11月10日のニュース