【馬券道コバヤシ 特別編】10日京都12R マーフィーが導く絶好調アスターソード

[ 2019年11月10日 08:00 ]

 昨年のエリザベス女王杯デーは外国人ジョッキーが大暴れ。1Rからメインまで11連勝を飾った。モレイラがメインを含む5勝。ルメール3勝、C・デムーロが3勝を挙げた。12Rは藤岡佑騎乗のサヴィが勝ったが、2~4着は外国人騎手だった。日曜の京都は全レースで外国人騎手が騎乗する。“先発”を切る1Rのルメール(ジュネスドール)はちょっと厳しいかな…。とはいえ、外国人騎手には要注目だ。

 土曜から短期免許を取得して騎乗を始めたマーフィーは京都で11鞍に乗って2勝。まずまずの滑り出しか。京都12Rはマーフィー騎乗のアスターソード。前走は追い込み馬に厳しい重馬場の中、きっちりと脚を使った。「今は絶好調ですね。馬体のハリもいいし、この距離も合っています」と柴田助手。良馬場なら今度は届く。

 馬券は馬単で相手は○セラピア、▲ケイアイターコイズ、☆サンライズカラマ、△ワンダーレアリサル、スズカフェスタ、ホウオウライジン、ヨドノビクトリーへ流す。

続きを表示

「日経新春杯」特集記事

「京成杯」特集記事

2019年11月10日のニュース