【エ女王杯】(12)センテリュオ ルメール任せた「一発狙って」

[ 2019年11月10日 05:30 ]

 センテリュオは軽快に坂路を駆け上がった。夏の新潟記念7着後、少し間を空けてGIへ。高野師は「前走は好位からの競馬で最後は脚を使えなかったけど、形としてはあれで良かったと思います。初の左回りが影響したのかもしれません」と振り返る。しっかり乗り込んで仕上がりは良好。「うまく調整できました。あとはルメールに任せるだけ。一発狙って、と言ってあります」と期待していた。

続きを表示

「AJCC」特集記事

「東海S」特集記事

2019年11月10日のニュース