【福島記念】菜七子 JRA重賞初Vへ!早くも自己最多、今年608騎乗に到達

[ 2019年11月10日 05:30 ]

<東京2R>ネイチャーカレンに騎乗して3着でゴールした藤田菜七子(撮影・郡司 修)
Photo By スポニチ

 菜七子はこの日、東京で7鞍に騎乗。今年のJRA騎乗回数が608となり、昨年(605)を早くも上回り自己最多となった。11月初勝利はならなかったが、2Rでは初ダートの10番人気ネイチャーカレン(単勝104.4倍)で3着に食い込み、3連単5万8470円の高配当を演出した。「現状には満足していないのでもっと勝てるように頑張りたい」。10日は福島で福島記念(G3)のアドマイヤジャスタを含め6鞍に騎乗。残り「4」としている通算100勝、自身21度目の挑戦でJRA重賞初制覇を目指す。 福島記念

続きを表示

「2019 マイルCS」特集記事

「東京スポーツ杯2歳S」特集記事

2019年11月10日のニュース