【高松宮記念】ミスターメロディがG1初制覇で短距離王!菜七子2度目挑戦もVならず

[ 2019年3月24日 15:40 ]

<高松宮記念>レースを制したミスターメロディ(手前)の福永はガッツポーズ(撮影・村上 大輔)
Photo By スポニチ

 春の短距離王決定戦「第49回高松宮記念」(G1、芝1200メートル)が24日、中京競馬11Rで行われ、福永祐一騎手騎乗の3番人気ミスターメロディ(牡4=藤原英)が優勝。2度目の挑戦でG1初勝利をあげた。昨年の最優秀短距離馬ファインニードルの電撃引退で空位となっていたスプリント王者の座についた。

 半馬身差の2着には2年前の覇者の12番人気セイウンコウセイ、さらに頭差の3着には17番人気ショウナンアンセムが入り、3連単は449万7470円の大波乱となった。勝ちタイムは1分7秒3(良)。

 勝ったミスターメロディは父スキャットダディ、母トラスティレディという血統の米国産馬。デビューから4戦はダート戦を使われ、2勝、2着2回で連対率100%。芝転向後もファルコンSを制するなど短距離路線で活躍していた。通算戦績は10戦4勝。

 鞍上の福永は中央G1通算23勝目で今年は初勝利。19日に死去したキングヘイローに捧ぐ高松宮記念制覇となった。管理する藤原英師は節目の中央G1通算10勝目となった。

 フェブラリーS(コパノキッキング、5着)に続きG1連続騎乗となった藤田菜七子騎手騎乗のスノードラゴンは勝利ならず。2度目の挑戦でのJRA女性騎手史上初のG1勝利とはならなかった。

続きを表示

「東京優駿 第86回日本ダービー」特集記事

「目黒記念」特集記事

2019年3月24日のニュース