【高松宮記念】モズスーパーフレア15着 音無師「やり過ぎたかも…」

[ 2019年3月24日 17:22 ]

 歴史に残る逃走劇…は叶(かな)わなかった。2番人気に支持されたモズスーパーフレアはハナに立ったが明らかに本来の走りには遠く、直線は大きく後退し15着。武豊が淡々と振り返る。「スタートのタイミングは合ったけど、いつものダッシュがなかった。走りが硬かったし本来の走りではなかったね」と話す。

 音無師も同様。「本調子ではなかった。本来なら、きょうみたいな走りにはならないから。ローテーションもあっただろうし、調教もやり過ぎたかも」と唇を噛(か)む。最後に気持ちを切り替え、「秋に巻き返したい」と雪辱を誓った。

続きを表示

「マイラーズC(G2)」特集記事

「フローラS(G2)」特集記事

2019年3月24日のニュース