【六甲S】ソーグリッタリング 浜中たくみな戦術が奏功

[ 2019年3月24日 16:52 ]

 日曜阪神メインの六甲Sは、中団待機のソーグリッタリング(牡5=池江、父ステイゴールド)がプロディガルサンを首差封じてオープン初勝利。

 浜中は「この馬はすぐにソラを使おうとするので抜け出すタイミングが難しい。今日はギリギリまで我慢した。それでもまだソラを使っていたので、そこは今後の課題でしょう」と回顧。気を抜こうとする悪癖を封印させるため、最後まで他馬と競り合わせて集中力を保たせたのが勝因と分析した。

続きを表示

「東京優駿 第86回日本ダービー」特集記事

「目黒記念」特集記事

2019年3月24日のニュース