【梅ちゃん先生 特別編】24日中山11R グレンツェントの大駆け

[ 2019年3月24日 08:00 ]

 本紙コラムでは高松宮記念のナックビーナスをイチ押ししたが、中山メイン「マーチS」はグレンツェントで大穴狙い。17年東海S優勝後は鳴りをひそめていたが、この中間の調教では復調を感じさせる動きだ。短期免許でJRA騎乗を続けているチェコ出身のミナリクは「3週連続で追い切りに乗っているが、フィットネスマン(健康な体の牡馬)だ。動きがいいし、仕上がっている。精神的にもハッピーだ」と絶賛。自身初のJRA重賞制覇へ手応えを膨らませた。

 16年師走S(1着)以来9戦ぶりに臨む中山ダートは過去4戦3勝、2着1回。最も合っているコースだ。中山の鬼が復調したとあれば狙ってみたい。
 

続きを表示

「東京優駿 第86回日本ダービー」特集記事

「目黒記念」特集記事

2019年3月24日のニュース