【午後の狙い馬・24日中山12R】エタニティーワルツ展開ハマる

[ 2019年3月24日 12:49 ]

 ダートは含水率が2%台と非常に乾燥。脚質での有利不利はそれほどないが、風も強くパワータイプの台頭に注意したい。

 ここはサリネロとジャスパーウィンの先行争いに加え、先行勢も積極的に進めそうでタイトな流れが予想される。エタニティーワルツは前走が直線後方から詰めてきて見どころあり。勝ち馬と0秒5差と7着の着順ほど負けてはいないし、元々が現級でも2着の実績がある力量馬だけに展開さえ向けば上位を狙える。乾いて少々時計がかかるようになってきた馬場状態も歓迎だ。

続きを表示

「東京優駿 第86回日本ダービー」特集記事

「目黒記念」特集記事

2019年3月24日のニュース