【鳥谷越・本社予想の稼ぎどころ】24日中京9R 小柄も決め手は強烈なクールウォーターの連勝期待

[ 2019年3月24日 08:00 ]

 土曜に行われた東西重賞は、いずれも鮮やかな逃げ切り勝ちだった。目の前で観戦した中山の日経賞は、競馬界のレジェンド・武豊の独壇場。鋭いダッシュで難なく先手を奪い、中盤は1F13秒台までラップを落として息を入れ、残り1000メートルからペースアップして後続を完封。パートナーの持ち味を最大限に引き出す、まさに“匠の技”を堪能できた気がする。これで馬券も的中できていれば最高だったのだが…。

 高松宮記念が行われる本日、当欄で取り上げるのは中京9R・大寒桜賞。関東から遠征する逸材クールウォーターのデビュー2連勝を期待だ。新馬勝ちを飾った前走も中京に遠征し、好位から1頭だけ次元の違う末脚を繰り出しての3馬身差V。418キロと小柄で細身の牝馬だが、父ディープインパクトから素晴らしい決め手を受け継いでいる。約2カ月の間隔を空けて疲れを取り、きっちり態勢を整えて迎える2戦目。牡馬の骨っぽいメンバーが相手でも、この馬の絶対能力が一枚上とみてドンと勝負だ。

続きを表示

「伝統の古馬長距離G1 天皇賞(春)」特集記事

「青葉賞(G2)」特集記事

2019年3月24日のニュース