【高松宮記念】単勝358・9倍 人気薄のショウナンアンセムが歴史的3着!

[ 2019年3月24日 17:36 ]

<高松宮記念>レースを制した(3)ミスターメロディ(中)。左は2着(4)セイウンコウセイ、右は3着(7)ショウナンアンセム(撮影・村上 大輔)
Photo By スポニチ

 単勝358・9倍の17番人気だったショウナンアンセムが見せ場たっぷりの3着に食い込んだ。

 引き上げてきた藤岡康は「あぁ悔しい! ありそうやったぁ」と第一声。それでもレース内容には悔いがないようで、「3角でごちゃついたけど、この馬はスムーズに立ち回れた。もうちょっとだったけど、よく頑張ってくれました」とパートナーを称えた。

 なお、G1で単勝300倍以上の馬が馬券に絡んだのは、89年のエリザベス女王杯を単勝430・6倍で制したサンドピアリス以来、約30年ぶりの快挙。大いに称えられる走りだった。

続きを表示

「マイラーズC(G2)」特集記事

「フローラS(G2)」特集記事

2019年3月24日のニュース