【寺下の変 特別編】24日中山11R G1直前のマーチSも◎テーオーエナジー“逃げ推し”

[ 2019年3月24日 08:00 ]

 土曜の東西重賞は、ともに最内枠に入った馬を“逃げ推し”して的中。少額だったが、G1の資金稼ぎになった。高松宮記念(中京11R)ももちろん、◎モズスーパーフレアの逃げ推しだ。鞍上の武豊が今年、逃げたレースは【130210】で勝率は驚異的な50%オーバー!! 土曜の日経賞(メイショウテッコン)も見事な逃げ切りVだった。今日も“レジェンド”の逃げに酔いしれよう。相手も○ダノンスマッシュ、▲ラブカンプー、☆ミスターメロディのハイレベルな4歳世代が中心。

 G1直前に行われる中山11R・マーチSも、4歳馬の◎テーオーエナジーの“逃げ推し”だ。ダート界も4歳世代がハイレベル。当舞台のオープン特別2戦は師走S(2馬身半差)→ポルックスS(4馬身差)と圧倒。地方競馬に遠征した佐賀記念は逃げて粘れず3着に敗れたが、走り慣れた中央の中山に戻れば巻き返せる。2走前のポルックスSは早め先頭から押し切った。メンバー的にも、ここはスンナリ行けそうな顔ぶれ。新コンビ・田辺の積極策に期待したい。

 馬券は単勝&馬連流しで相手は○ヒラボクラターシュ、▲ハイランドピーク、☆センチュリオン、以下△マイネルオフィール、ロードゴラッソ、リーゼントロック、グレンツェントの計7頭へ。

続きを表示

「マイラーズC(G2)」特集記事

「フローラS(G2)」特集記事

2019年3月24日のニュース