【高松宮記念】(12)ロジクライ 初千二もOK

[ 2019年3月24日 05:30 ]

 ロジクライは坂路を駆け上がった。前走・阪急杯は距離を1F縮め、7F初起用で3着。さらに1F短縮で6F初起用となる。遠藤助手は「前走はスタート直後に寄られたし、直線も窮屈に。それでも馬混みから抜け出して地力を示してくれました」と回顧。この中間も順調に乗り込み、バッチリ仕上がった。「具合は申し分ないし、千二に対応できるスピードもあるので」と力が入っている。

続きを表示

「東京優駿 第86回日本ダービー」特集記事

「目黒記念」特集記事

2019年3月24日のニュース