白毛ハヤヤッコ、豪快差し切りV 武豊も評価

[ 2019年3月24日 05:30 ]

1着となった武豊騎手の乗るハヤヤッコ (撮影・西川祐介)
Photo By スポニチ

 白毛のハヤヤッコが23日の中山6R(3歳500万下)を豪快に差し切り、昨年8月以来の通算2勝目を挙げた。白毛はJRA通算22勝目。後続を3馬身半突き放すレースぶりに手綱を取った武豊は「前走(2着)よりも行きっぷりが良かった。早めに先頭に立って楽に押し切れた」と評価していた。

続きを表示

「東京優駿 第86回日本ダービー」特集記事

「目黒記念」特集記事

2019年3月24日のニュース