【万哲の乱 特別編】24日中山11R 得意の中山ならテーオーエナジー

[ 2019年3月24日 08:00 ]

 中山11R・マーチS。

 佐賀記念1、2、3着のヒラボクラターシュ、リーゼントロック、テーオーエナジーがそろって出走してきた以上、勝ち馬ヒラボクラターシュに◎を打つのが筋かもしれないが…。当時は地方特有の深いダートに加えて、◎テーオーエナジーはラターシュより2キロ重い57キロの「負担重量差」もあった。今回は同じハンデ57キロ。さらにエナジーは中山ダート1800メートルは2戦2勝。昨年12月の師走Sでは「1分50秒9」の好時計Vがある。時計がかかる地方競馬場特有の砂から、土曜の雨でより高速化した得意の中山に戻れば、まずパフォーマンスは上がる。脚質的にも前に行けるメンバー構成。昨年7月の交流G1・ジャパンダートダービー(5着)でも見せ場をつくった底力を見直す。

 《もうひと押し》中山10R・美浦Sは◎ジェシー。切れる脚がない分、土曜の雨で重くなった今の中山芝は合うはず。ペースは速くなりそうもなく、先行粘り込みの舞台は整っている。

続きを表示

「東京優駿 第86回日本ダービー」特集記事

「目黒記念」特集記事

2019年3月24日のニュース