【マーチS】戦い終えて

[ 2019年3月24日 16:16 ]

 ▼2着ロンドンタウン(吉田隼)前半はいくらかハミをくわえて力んだが、道中はいいリズムでジーッとできた。休み明けでこれだけやれたから楽しみ。

 ▼3着リーゼントロック(松岡)4角先頭のこの形しかない、早めに行って差されたら仕方ないというこの馬のスタイルで。いけたと思ったけど。

 ▼4着ヒラボクラターシュ(戸崎)スタートも出て好位で行けたけど最後はちょっとジリジリになってしまった。

 ▼5着サンマルデューク(武士沢)斤量53キロで展開も向いた。

 ▼6着ロードゴラッソ(藤岡佑)初めての重賞で道中はおっつけ通しだったけど直線内から伸びた。距離もっとあればまだ伸びる感じだった。もまれた経験が生きてくれれば。

 ▼7着グレンツェント(ミナリク)いいポジションで3~4角の手応えも良かったが、直線思ったより伸びなかった。

 ▼8着ジョーダンキング(蛯名)位置を取りに行こうと思えば取れるが、跳びが大きくて中に入ると持ち味が生きないと思った。手応え良く回ったけど、重賞も初めて。これから力をつける。

 ▼9着センチュリオン(内田)うまく流れに乗っていい競馬をしたが、最後は休み明けの分か止まった。次は良さそう。

 ▼10着テーオーエナジー(田辺)もっと掛かるくらいかと思ったけど、フワーッと行ってそのままて応えがなくなった。

 ▼12着アルドーレ(古川)内枠がアダになった。包まれたことがないからいつもの感じで走れなかった。

 ▼14着エイシンセラード(津村)もうちょっと渋った馬場の方がいい。

 ▼16着ハイランドピーク(横山和)3角過ぎからこの馬の持ち味を生かすように出して行ったが、後続もついてきて甘くなかった。まだ毛ヅヤもひと息、右にもたれるし状態も途上な感じ。暖かくなって良くなると思う。

続きを表示

「マイラーズC(G2)」特集記事

「フローラS(G2)」特集記事

2019年3月24日のニュース