橋本崇載八段が引退「一身上の都合」 物まね、軽妙トークで人気

[ 2021年4月2日 11:00 ]

橋本崇載八段(2014年撮影)
Photo By スポニチ

 日本将棋連盟は2日、橋本崇載(たかのり)八段(38)が同日付で引退すると発表した。理由は「一身上の都合」としている。

 石川県小松市出身の橋本は2001年に四段(プロ)昇段。09年の王位戦では挑戦者決定戦に進出、13年には順位戦A級に所属するなど盤上で奮戦する一方で加藤一二三・九段ら棋士の物まねや軽妙なトークでファンを楽しませ、人気を誇った。

 昨年10月1日からは「一身上の都合」で今年3月31日までの休場を表明していた。

 通算成績は717戦で414勝303敗。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年4月2日のニュース