永島優美アナ結婚 フジ“朝の顔”1歳年上同局情報制作局社員と3年半愛

[ 2021年3月4日 04:30 ]

結婚したことが分かったフジテレビの永島優美アナウンサー
Photo By スポニチ

 フジテレビの永島優美アナウンサー(29)が3日、結婚した。複数の関係者の話を総合すると、お相手は30代の同局社員で情報制作局のディレクター。挙式・披露宴は未定で、今後も仕事を続ける。

 交際期間は約3年半。バラエティー番組などで自身の恋愛について語ることもあり、男性について「1歳年上の先輩で『めざましテレビ』の時から一緒に仕事をしていた」と説明。「今すぐではないかもしれないけれど、結婚願望はあります」と話していた。

 14年に同局に入社。元サッカー日本代表でスポーツキャスターの永島昭浩氏(56)の長女として注目を集めた。持ち前の明るさや特技のダンスなどを生かし、バラエティーやスポーツ番組で活躍。約7年出演する「めざましテレビ」でアナウンス力も磨き、局の看板アナへと成長した。

 26日の放送をもって「めざましテレビ」のMCを卒業。代わりに29日から新番組「めざまし8(エイト)」(月~金曜前8・00)のメインキャスターに就任する。その節目のタイミングで公私ともに新たなスタートを切った。

 昭浩氏の様子について関係者は「愛娘の幸せを心から祝福していますが、どこか一抹の寂しさも感じているようです」と明かしている。永島アナは4日に「めざましテレビ」に生出演する予定。幸せいっぱいの報告があるのか、注目が集まる。

 ◆永島 優美(ながしま・ゆうみ)1991年(平3)11月23日生まれ、兵庫県出身の29歳。関西学院大を卒業後、14年にフジテレビ入社。「パン」シリーズ9代目のMCを務める。「めざましテレビ」には入社1年目から関わり、16年からメインキャスターを担当。現在は「ジャンクSPORTS」などに出演。特技はダンス、チアリーディング。血液型A。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年3月4日のニュース