芸術選奨文科大臣賞に岡本健一、宮本浩次ら 新人賞に吾峠呼世晴さん

[ 2021年3月4日 05:30 ]

宮本浩次
Photo By 共同

 文化庁は3日、芸術分野の優れた業績を表彰する2020年度芸術選奨の文部科学大臣賞を俳優の岡本健一(51)やロック歌手の宮本浩次(54)ら18人に贈ると発表した。また、大ヒット漫画「鬼滅の刃」の作者吾峠呼世晴さん、シンガー・ソングライターの米津玄師(29)らが新人賞を受賞した。

 元「男闘呼組」メンバーの岡本は、舞台俳優として飛躍。シェークスピアの舞台「リチャード二世」の演技が評価された。岡本はコロナ禍での上演を振り返り「上演中は、劇場が安全であり、何よりも自由だったことを、強く感じました。演劇に救われました。このたびは素晴らしい賞をありがとうございます」と感謝の言葉を寄せた。

 “鬼滅ブーム”を巻き起こした吾峠さんは「大勢の方々に尽力いただきひとつの大きな作品を作る一端を担うことができて光栄でした」とした。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年3月4日のニュース