山田孝之 人気漫画のヒロインが超好み「僕は初めて2Dなものに恋をしたんですよ」

[ 2021年1月23日 22:36 ]

俳優の山田孝之
Photo By スポニチ

 俳優の山田孝之(37)が23日、テレビ朝日「あざとくて何が悪いの?」(土曜後9・55)に出演。様々な女性が表現する「おいしい!!」から1番好みなものを選ぶ「あざと美味しい!選手権」でアンジュルムの上國料萌衣(21)が演じた“心配させる女”をナンバー1に上げた。

 上國料は「体調不良のミナ」役を演じ、風邪をひいてしまったミナのために孝之がおかゆを作ってあげたところ、一口食べて「う~ん、パタッ」とソファに倒れ込んだもの。その後「美味しすぎて気絶しちゃった」と言うもの。

 山田は「超好みのものありました」とし、これを1番とした理由を「もう、THEあざといですよね。これですね、僕は『行け!稲中卓球部』を描いている古谷実さんの『シガテラ』って漫画が大好きなんですよ。の、南雲ゆみさん、こういうことやるんですよ」と話し、これを見て僕は初めて2Dなものに恋をしたんですよ」と明かした。

 「シガテラ」は03年から05年にかけて「週刊ヤングマガジン」で連載された作品で、南雲ゆみは主人公の荻野優介が憧れる女性として描かれている。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年1月23日のニュース