×

糸谷八段「感染者数を抑えることが何よりも優先」 挑戦する棋王戦第1局の日程、会場変更に理解

[ 2021年1月23日 17:14 ]

第70期王将戦七番勝負第2局で副立会を務める糸谷哲郎八段
Photo By スポニチ

 第70期王将戦七番勝負第2局(大阪府高槻市「山水館」)の副立会を務める糸谷哲郎八段(32)は、2月6日に開幕する棋王戦五番勝負で渡辺明3冠(36)=名人、王将、棋王の3冠=への挑戦が決まっている。

 当初、棋王戦第1局は2月7日に栃木県宇都宮市での開催が予定されていたが、新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けて日程、会場ともに変更を余儀なくされた。2016年の王座戦挑戦以来のタイトル戦登場となる糸谷は「(日程、会場変更は)仕方のないこと。まずは感染者数を抑えることが何よりも優先」と冷静に事態を受け入れていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「上島竜兵」特集記事

2021年1月23日のニュース