ラリー・キングさん死去、87歳…米テレビ司会者、コロナ感染で入院

[ 2021年1月23日 23:15 ]

米ニューヨークでイベントに参加するラリー・キングさん=2018年11月(AP)
Photo By AP

 米国の有名なテレビ司会者ラリー・キングさんが23日、ロサンゼルス市内の病院で死去した。87歳だった。キングさんの事務所が発表した。死因は明らかにされていないが、新型コロナウイルス感染で入院したと伝えられていた。

 キングさんはCNNテレビの番組「ラリー・キング・ライブ」で2010年まで25年間にわたり司会者を務め、世界のスターや政治家らにインタビューした。「トークの帝王」と称され、生涯でインタビューした人は5万人に上るという。

 17年に肺がんと診断されて手術を受けるなど近年、体調を崩していた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年1月23日のニュース