千鳥大悟、志村さんコント裏話 おなら効果音120種類 「一番長い屁が1分20秒」

[ 2021年1月13日 13:18 ]

千鳥の大悟
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「千鳥」の大悟(40)が12日深夜放送のフジテレビ系「志村友達」(火曜深夜1・05)に出演。お笑いタレント・志村けんさん(享年70)が手掛けてきたコントの秘話を明かした。

 印象に残っている志村さんのコントについて、ゲストのかまいたち・山内健司(39)は「『スイカ男』が、お笑いを見ているのに怖い気持ちになった。めっちゃ怖くて。何でこんな怖いの見せるの?って…」とスイカの怪人が登場するコントを回想。大悟は「なんであんなに怖いのをたまにしてたんですか?って聞いてん。そしたら『たまにやりたくなっちゃうんだよな~』って」と志村さんの口調をマネしながら裏話を明かした。

 おならの効果音を使用する機会も多かった志村さん。山内が「おならのすごさとかを、もう1回見直さないと」と話すと、大悟は「最近芸人がおならで笑かしてないもんな。志村さんは120種類のおならの音を持ってたらしい。1番長い屁が1分20秒」とコントへのこだわりを明かして爆笑を誘っていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年1月13日のニュース