加藤浩次 緊急事態宣言で持論「小出しにするからみんな“いいんじゃないの”って」

[ 2021年1月13日 11:15 ]

「極楽とんぼ」の加藤浩次
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ、極楽とんぼの加藤浩次(51)が13日、MCを務める日本テレビ系「スッキリ」(月~金曜前8・00)に出演。菅義偉首相が同日夜に新型コロナウイルス感染症対策本部を開き、栃木、岐阜、愛知、京都、大阪、兵庫、福岡の7府県に新型コロナ特別措置法に基づく緊急事態宣言を再発令する方針を固めたことについて言及した。

 都市部で感染拡大に歯止めがかからないため、7日に宣言した首都圏4都県に7府県を追加し、対象を計11都府県へ拡大する。期間は2月7日まで。

 加藤は「感染者が少ない所がいっぱいあるのは知っていますが、全国一律でやって県をまたぐのをやめましょうっていう前回の緊急事態宣言の時みたいにやってしまうっていうのはどうなんでしょうね。これって考えられないですかね。小出しにするからみんな“いいんじゃないの”ってなってしまう部分があるんだけど、日本全国で一気にやってしまうっていうのは荒っぽい考えすぎますかね」と問題提起した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年1月13日のニュース