安東弘樹アナ、長く共演した峰竜太の“有益ぶり”を改めて実感「こういう大人にならなきゃな」

[ 2021年1月13日 22:37 ]

元TBSでフリーの安東弘樹アナウンサー
Photo By スポニチ

 フリーアナウンサーの安東弘樹(53)が13日、TOKYO MX「バラいろダンディ」(月~金曜後9・00)に出演。TBS「アッコにおまかせ」で長く共演したタレントの峰竜太(68)について語った。

 「自分に好影響を与えてくれた有益有名人」を聞かれ、安東は「峰竜太」の名前を挙げた。ただ、安東は「アッコにおまかせという番組を16年間やっておりまして…」と前置きすると「前提で言っておきますが、和田アキ子さんは大尊敬しております、まずそれから…」と苦しい言い訳。和田アキ子(70)を差し置いて峰竜太の名前を挙げたことに断りを入れ、スタジオの笑いを誘っていた。

 安東は峰の人柄について「怒鳴るような怒り方はしないんですけど、諭すように僕らにもスタッフにも教えてくれる」とコメント。峰の物腰の柔らかい対応を称賛していた。

 さらに安東は「お正月にはスタッフ全員…テレビの番組スタッフなんで、100人単位で“お年玉”(をあげる)。そして改編期にはスタッフ全員にうな丼…ではなくて、うな重の差し入れとか」と、峰が見せる大盤振る舞いについても言及。安東は何度も「こういう大人にならなきゃな」と思い知らされたという。

 最後に安東は「財力も含めて到底追いつけないんですけど、いろんな人を幸せにする方でした」と、改めて峰の“有益ぶり”を思い返していた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年1月13日のニュース