「天までとどけ」で五郎演じた須藤公一「1年で2回も同じ投稿をするとは…お父さん、お母さん。。。」

[ 2021年1月13日 22:00 ]

俳優の須藤公一
Photo By スポニチ

 俳優の須藤公一(43)が13日、自身のツイッターを更新。膵臓がんのため昨年12月30日に亡くなっていたことが同日明らかになった俳優の綿引勝彦さん(享年75)を追悼した。

 「1年で2回も同じ投稿をするとは思いませんでしたよ」と悲痛な思いをつづった須藤は「お父さん、お母さん。。。みんなの願い みんなの幸せ 天までとどけ」と岡江さんを追悼した時と同じメッセージを投稿。「天までとどけ」の丸山家で撮った“家族写真”をアップした。

 綿引さんは1991年から99年までTBS系で放送されていた大家族をテーマにした大人気ホームドラマ「天までとどけ」シリーズで、昨年4月23日に新型コロナウイルス感染による肺炎で急死した女優の岡江久美子さん(享年63)と13人の子どもたちを育てる夫婦役として共演。須藤は五男の五郎を演じた。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年1月13日のニュース