5日「王様のブランチ」でナマ児嶋だよ!相方・渡部降板後初の放送で発言注目

[ 2020年12月5日 05:30 ]

5日放送「王様のブランチ」に生出演する児嶋一哉
Photo By スポニチ

 多目的トイレ不倫騒動で活動自粛中の「アンジャッシュ」渡部建(48)が謝罪会見を開いてから一夜明けた4日、相方の児嶋一哉(48)が5日放送のTBSの情報バラエティー「王様のブランチ」(土曜前9・30)に生出演することが分かった。児嶋は番組の準レギュラー。スタジオでの生出演で、どのような発言をするのか注目される。

 同番組は午前9時半の開始後すぐに、その週に起きた芸能ニュースをおさらいするコーナー「エンタメニュースランキング」がある。関係者によれば、ここで渡部の会見について取り扱う方向。児嶋はそのVTRを受けて、何らかの発言をするとみられる。関係者は「何を話すかは本人次第」と話している。

 児嶋は今後もコンビを継続する意向を見せている。スポニチ本紙の取材では、「俺は味方だ」と周囲に話しており、コンビ解散は頭にない。渡部の復帰にはいばらの道が待っているが、相方としてどんな批判にも耐え抜くと覚悟を決めているという。

 この日は都内のスタジオで番組収録に臨んだが、待ち構えた取材陣には何も話さなかった。収録でも、渡部については何も語らなかったという。

 「王様のブランチ」は17年から渡部が総合司会を務めていた。自粛入りした6月から出演しておらず、番組側が今月1日までに降板を正式に決定した。降板が明るみに出て以来、初めての放送となるが、くしくも渡部によって注目を集めることとなった。

 一方、渡部の妻で女優の佐々木希(32)はこの日はオフだった。関係者によると、離婚する考えがないのは3日の会見後も変わっておらず、夫をバックアップしていくことを決意している。仕事と育児を両立しながら、経済的にも一家を支えていく。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年12月5日のニュース