東山紀之 デビュー当時は「困ったらバク転」

[ 2020年12月5日 12:05 ]

少年隊の東山紀之
Photo By スポニチ

 「少年隊」の東山紀之(54)が4日放送のTBS「A-Studio+」(金曜後11・00)に出演。「困ったらバク転」と、デビュー当時の心境を語り、笑わせた。

 番組MCを務める後輩の「Kis―My―Ft2」藤ケ谷太輔(33)とはこれまでほとんど話したことがなかったそうで、藤ケ谷のデビュー前に少年隊の舞台「PLAYZONE」で共演した程度だったという。

 東山は今年でレコードデビュー35周年。藤ケ谷からデビュー当時の心境を聞かれた東山は「そりゃ、やってやろうって気持ちがものすごくありましたね」と野心を吐露。「困ったらバク転。とにかくバク転したら何とかなるみたいな。勢いでやってしまえ!っていうのがずいぶんあった」と明かし、笑わせた。

 今ではキレキレのダンスが東山の代名詞の1つだが、「踊りも最初からそんなに好きだったわけじゃない」と意外な言葉。「ある意味、笑われたりとか、いろいろしたトラウマがある」と明かした。そもそも男性が歌って踊るということに抵抗があったそうで、「めちゃくちゃ気持ち悪いと思いましたよ。もっこりしたものを履いて、ピタピタしたのを履いて、何やってるんだろうって」とぶっちゃけ。ジャニー喜多川前社長(享年87)から「YOUも踊ってきなよ」と言われて踊ってみると「右手を右足が出ちゃって」と苦笑。「なんだ、あいつらと思っている人たちに笑われるという、この恥ずかしさ」と悔しがった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年12月5日のニュース