徳光和夫 「流行語大賞」小池都知事への祝福に首ひねる「おめでとうでいいのかな」

[ 2020年12月5日 09:26 ]

徳光和夫
Photo By スポニチ

 フリーアナウンサーの徳光和夫(79)が5日、ニッポン放送「徳光和夫 とくモリ!歌謡サタデー」(土曜前5・00)に出演。 「2020ユーキャン新語・流行語大賞」の授賞式での一コマに違和感を示した。

 今年話題になった言葉に贈られる「2020ユーキャン新語・流行語大賞」の授賞式が1日に行われ、年間大賞に新型コロナウイルスの感染防止キーワード「3密」が選ばれた。受賞者は「NO!!3密」と記されたボードを掲げて感染対策を訴えた小池百合子都知事だった。東京都の作業服を着て表彰式にリモートで参加した小池氏に対し、司会者が「おめでとうございます」を祝福し、小池氏も「ありがとうございます」と応じ、笑顔を見せた。

 徳光アナは「女性の司会者が小池都知事に『おめでとうこざいます』って呼びかけたのが違和感があった」と苦笑。「今年ばかりはおめでとうでいいのかな?」と首をひねった。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年12月5日のニュース