さんま「知らなかった」 結婚ナイナイ岡村が“言わなかった”ワケ推察

[ 2020年10月25日 09:56 ]

明石家さんま
Photo By スポニチ

 お笑いタレントの明石家さんま(65)が、24日放送のMBSラジオ「ヤングタウン土曜日」(土曜後10・00)に出演。お笑いコンビ「ナインティナイン」岡村隆史(50)の結婚についてコメントした。

 「俺すら知らなかった。岡村が結婚しようとしてる女の子がいるっていうことは本当に知らなかった」と、さんま。「俺はいないと決めつけて…岡村も『さんまさんの前では“いない体(てい)”でトークしなきゃ』って、ずっと思っているんですよ。俺は『ほんまのことはいらんからな。おもろい方や』って、日常でもずっと言っている。それが頭にあるから、絶対に恋人がいるって言ったらあかんわと思って言わないんですよ」と話した。

 「“結婚はゴール”という言葉があるんですけど、それは間違いで。結婚はゴールではなくスタート。これからレースが始まる。それも障害物競走なんですよ。私は残念ながら2つ目の網に引っかかって最下位に終わりましたけれど」と自虐を交えながら、岡村に金言を送る場面も。「これからどういう生活になるか知らんけど、岡村は優しいから何でも合わせることができるやろうな」と予想した。

 自身が最高顧問を務める吉本興業の独身貴族軍団「アローン会」のメンバーについても言及し「今田(耕司)もこの間、うわさがあったし。徳井(義実)もこれだけ色々あったら誰かに頼りたい、落ち着きたいっていうのはどっかにあるやろうから」。その上で「残るのは俺と、坂田(利夫)師匠と又吉(直樹)だけなんです。どうしましょう」と苦笑し、その中でも又吉が最初にゴールインすると予想したさんまは「俺と坂田師匠が残ってしまう」と嘆いていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2020年10月25日のニュース