松原智恵子 日活時代の同志・渡哲也さんしのぶ「笑顔が可愛らしい人でした」

[ 2020年10月25日 05:30 ]

追悼上映会で渡哲也さんをしのぶ松原智恵子
Photo By スポニチ

 8月10日に肺炎のため78歳で亡くなった渡哲也さんをしのぶ上映会が24日、東京・大田区民プラザ大ホールで行われた。「東京流れ者」(66年)「『無頼』より大幹部」(68年)の上映後にはこの両作をはじめ、渡さんのデビュー作「あばれ騎士道」(65年)でも共演している女優の松原智恵子(75)が登壇して思い出話を披露した。

 和服に身を包んだ松原は「コロナ禍の最中に映画を見に来てくださってありがとうございます」と観客に謝意を表した後、「優しさにあふれ、何につけても尖(とが)ったところがない方で、それが映画の中にもあふれていたように思います。笑顔が可愛らしい人でした」と、ともに日活で育った渡さんをしのんだ。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年10月25日のニュース